スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
アバター世界的大ヒットになった理由には…映画館でしか…一般家庭向けにも3Dテレビの開発が…
ジェームズ・キャメロン監督のアバターが世界的大ヒットになっていますよね。アバター世界的大ヒットになった理由にはやはり、3Dの映像とその圧倒的な映像美ですよね。そうなんですよ、あの3Dの映像は映画館でしか味わえないんですよね。今年は、やはり3D元年ということなのでしょうかね?一般家庭向けにも3Dテレビの開発が進んでいるようですが、あの映像を3D眼鏡をかけて何時間も見続けるのはちょっと疲れる感じもしますけれど…でも、映画「アバター」は一見に如かずであの3D世界を一度は体感して損はないですね。そして、アバターの興行収入がどこまで伸びるのかにも注目しておきたいところです。
スポンサーサイト



スポンサードリンク

テーマ:高校生日記 - ジャンル:日記

【 2010/01/31 20:12 】

まねきねこダック 招き猫ダック アフラック アメリカンファミリー生命保険 マユミーヌ たつや 加藤清史郎 |
吉永小百合、笑福亭鶴瓶出演の山田洋次監督 映画「おとうと」の評価は…おとうと撮影秘話も…
吉永小百合、笑福亭鶴瓶出演の山田洋次監督 映画「おとうと」の評価は家族という存在を考えさせられる素晴らしいものになっていますね。第60回ベルリン国際映画祭において山田洋次監督が特別功労賞にあたるベルリナーレ・カメラ賞を受賞するほど海外での評価も高いですよね。しっかりと足場を固め地に足付けて生きてきた姉・吟子(吉永小百合)と風来坊の弟・鉄郎(笑福亭鶴瓶)を中心に描かれていますが、この二人はほんと対照的な生き方なんですよね。姉・吟子(吉永小百合)から見れば駄目な弟の鉄郎(笑福亭鶴瓶)なんですが、それでも姉と弟ということなんですよね。姉弟の絆・それを取り巻く家族とのつながりという部分を山田洋次監督は見事にスクリーンを通して見事に表現されていますね。山田洋次監督 映画「おとうと」が封切られたこの機会に市川昆監督による「おとうと(1960)」も観てみるのも良いかもしれませんね。そうそう最近、山田洋次監督 映画「おとうと」の作品紹介で鶴瓶や吉永小百合、山田洋次監督のお顔をテレビで拝見することが多いですね。おとうと撮影秘話もその中で語られていましたが、撮影のテスト中にもかかわらず、山田洋次監督がせっかちですぐに「よーい」という号令をかけて出演陣にプレッシャーをかけるので鶴瓶さんと吉永小百合さんが山田洋次監督のことを山田よーい監督とあだ名をつけて笑っていましたね。



スポンサードリンク

テーマ:テレビなんでも - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2010/01/31 20:12 】

結婚相談所 |
ためしてガッテン「女性の最強ダイエット完結編」が放送する最強のダイエットとはいかなるものなのかその真相を
ためしてガッテン 最強ダイエット 完結編の最強のダイエット法はかなり注目ですね。これまでためしてガッテンでは計るだけダイエットやスロトレことスロートレーニング、スロージョギングなど数多くのダイエット法を紹介してきましたが、今回のダイエット法は、「最強の」と付けている上にためしてガッテンでは珍しい前編後編にわたってダイエット特集を組んでいるので今回の「最強のダイエット」にはかなりの自信があるのだろうと推察しています。しかも、ためしてガッテン「女性の最強ダイエット完結編」に登場して、簡単に空腹感を満たす裏技・スゴ技を紹介してくれるのがなぜかあの韓流リュ・シウォンなのです。この空腹感 解消法は目からウロコかもしれないので見ておきたいですね。それに、男女の脳の性差に注目した最新研究も紹介されるらしいです。ためしてガッテン「女性の最強ダイエット完結編」が放送する最強のダイエットとはいかなるものなのかその真相をこの眼でしっかりと見極めたいと思います。



スポンサードリンク

テーマ:頑張れ!主婦!! - ジャンル:結婚・家庭生活

【 2010/01/20 15:18 】

ためしてガッテン 最強ダイエット 空腹感 解消法 ダイエット 裏技 |
斉藤里恵・原作『筆談ホステス』が北川景子主演でドラマ化!筆談ホステス・斉藤里恵さんの銀座ナンバーワンホステスへの道とは…
筆談ホステスと聞いてピンと来る人も多くなってきているでしょうが、青森県出身の耳が聴こえない斉藤里恵さんが上京して万年筆一本で銀座ナンバーワンホステスに登り詰める斉藤里恵さん自身の著書「筆談ホステス 」がついに北川景子を主演にドラマとして放送されますね。昨年は、斉藤里恵さんの筆談ホステスとしての生き方が話題となり、スマップ中居正広の金スマで取り上げられTBSアナウンサーの安住伸一郎が筆談ホステス・斉藤里恵さんの一日に密着していましたよね。金スマはもちろんのこと多数のメディアで取り上げられていましたね。新春ヒューマンドラマ特別企画「筆談ホステス」として斉藤里恵さんの半生がドラマ化されますが、新春ドラマというだけあって出演者・配役が『斉藤里恵…北川景子 斉藤悟志…福士誠治 河原三春…戸田菜穂 瀬川耕造…笹野高史 永井杏子…手塚理美 斉藤恵美子…田中好子 ほか』と豪華版ですね。しかも、原作者・斉藤里恵さんの現在の姿もドキュメンタリータッチで紹介するらしいのでこれまた注目ですね。映像で観るのも良いけれど、斉藤里恵さん自身の著書『筆談ホステス 』を手に取ってみると耳の聞こえない斉藤里恵さんがなぜ銀座ホステスの頂点に登り詰めることができたのかがわかるような気がしました。著書『筆談ホステス 』はもちろんのこと『筆談ホステス 67の愛言葉 (青森一の不良娘が銀座の夜にはぐくんだ魔法の話術) 』はもっと斉藤里恵さんの魅力が伝わってきました。



スポンサードリンク

テーマ:テレビなんでも - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2010/01/10 13:32 】

筆談ホステス 斉藤里恵 銀座 ナンバーワンホステス 北川景子 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログ検索